厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



Show by Oct/2008

勢多郡荒砥村第51号前二子古墳その2

後円部より前方部を見る


前方部より後円部を見る


南より後円部を見る
この脇に、石にはめ込まれた説明看板がある



石室入口


Sep.20.2008(Sat)21:41 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡荒砥村第51号前二子古墳その1

勢多郡荒砥村第51号前二子古墳
現在の前橋市西大室町にある前方後円墳で、上毛古墳綜覧では全長396尺(約119.9m)、前方部の高さ30尺(約9.1m)、後円部の高さ36尺(約10.9m)とある



本古墳も、綜覧群馬郡総社町第11号二子山古墳同様、豊城入彦命の陵墓という伝承がある
二段目のみ笹が植わっているのは、葺石を再現しているつもりだそうだが、あんまりいい感じには見えない・・・



整備されたからなのだろうか、周堀がはっきりと分かる


前方部のある北西側の説明タイル


後円部のある南東側の説明看板


Sep.19.2008(Fri)21:52 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

佐波郡茂呂村第25号古墳

佐波郡茂呂村第25号古墳
現在の伊勢崎市南千木町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ99尺(約29.9m)、高さ10尺(約3m)とある



現在、所在地名の小字から阿弥陀古墳とも呼ばれ、標柱には「推定・七世紀」と書かれている
果たして実際に7世紀代のものであるかどうか、はっきりする日は近い



というのも、道路の用地になるため、削平されることが決まっており、伊勢崎市教育委員会で記録のために調査中
つまり見学するなら今しかないと言うわけだ



訪問時は雨がぱらつく天気で、発掘調査は休みであった


Sep.18.2008(Thu)21:20 | Trackback(0) | Comment(0) | 伊勢崎市 | Admin

勢多郡荒砥村第147号古墳

勢多郡荒砥村第147号古墳
現在の前橋市西大室町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ100尺(約30.3m)、高さ26尺(約7.9m)とある



前橋市大室古墳群のすぐ南にあり、何らかの関係がありそうだ


墳丘はよく残っているが、綜覧記載の数字に比べると高さが半分以下に減ってしまったようだ


また、墳丘東側の裾部が削り取られてしまっているのが惜しいところ


北東側からは墓地や蕗の葉などであまり見通しが良くなった


Sep.17.2008(Wed)21:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡粕川村第51号桜塚古墳・勢多郡粕川村第60号おとうか山古墳

勢多郡粕川村第51号桜塚古墳
現在の前橋市粕川町西田面にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ42尺(約12.7m)、高さ8尺(約2.4m)とある



本古墳は上毛電鉄粕川駅前の道をまっすぐに南下したところの信号手前、西側に前橋市役所粕川支所、東側に粕川郵便局という分かりやすい立地にある
この手前の道を中学時代、部活動の遠征で何度も通っていたのだが、ここでも古墳の存在にはまったく気付かなかった



勢多郡粕川村第60号おとうか山古墳
現在の前橋市粕川町深津にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ42尺(約12.7m)、高さ5尺(約1.5m)とある



簡素な造りではあるが鳥居が建てられ、お稲荷さんが祀られている
本古墳の西側には秋葉神社があり、こちらも古墳かと思ったが、綜覧にはそれらしきものの記載もなく、神社周辺にもマウンドもなく、近所の人にも聞いてみたがまったくそんなものはないとのことだった



西より見る
本古墳の南南西約1.5kmの地点には前橋市大室古墳群があり、それらとの関わりのありそうな古墳がもう少しあってもよさそうな気がする



Sep.16.2008(Tue)21:23 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡大胡町第40号古墳

勢多郡大胡町第40号古墳
現在の前橋市横沢町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ28尺(約8.5m)、高さ5尺(約1.5m)とある



綜覧勢多郡大胡町第39号古墳の南にあり、綜覧では所有者も同じではあるが、こちらは特に出土品の話を聞かない


墳形から見て、裾部や墳頂部をだいぶ削り取られているのは確かなのだが・・・


北から見る
本古墳と綜覧勢多郡大胡町第39号古墳との位置関係はこんな具合である



Sep.15.2008(Mon)21:23 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡大胡町第39号古墳

勢多郡大胡町第39号古墳
現在の前橋市横沢町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ39尺(約11.8m)、高さ6尺(約1.8m)とある



墳丘上には小祠が建っている
墳丘に立てかけられているのは、ビニールハウスの骨組みであるが、こういう置き方は感心できない



ビニールハウスの脇にぽっこりと残った円墳であるが、群馬県文化財情報システムによれば、獅噛環頭太刀が出土しており、古代オリエント文化とのつながりを彷彿とさせる


墳丘上に露出した石
石室材と思われる



本古墳のすぐ南側には綜覧勢多郡大胡町第40号古墳が所在する


Sep.14.2008(Sun)22:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡大胡町第25号稲荷塚古墳

勢多郡大胡町第25号稲荷塚古墳
現在の前橋市上大屋町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ61尺(約18.5m)、高さ7尺(約2.1m)とある



説明看板
墳丘の大きさは、綜覧記載のものより大きいようだ



鳥居の脇から墳丘を見る


このとおり、墳丘は良い形が残っている


さすがに墳頂部はちょこっと削平されていそうな感じであるが、未調査とのことで是非とも内部を見てみたいものだ


Sep.13.2008(Sat)21:40 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡大胡町第15号古墳その2

石室入口


羨道部


奥壁


奥壁部分から見る玄室入口と羨道部


天井石


Sep.12.2008(Fri)21:43 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

勢多郡大胡町第15号古墳その1

勢多郡大胡町第15号古墳
現在の前橋市堀越町にある円墳で、上毛古墳綜覧では大きさ88尺(約26.6m)、高さ9尺(約2.7m)とある



説明看板
現在、所在の地名をとって堀越古墳と呼ばれている
あちこちにサビが浮いているが、一応読める状態・・・だったのが、昨年の初夏



今年の夏に訪れてみたら、説明看板が新しくなっていた
書いてある内容もちょっと変わったのだが、真っ先に目がいくのは英文表記
前橋市内、特に総社の周辺の古墳は「Tumulus」と表記されていて、すっかりそれが馴染んでいたのだが、ここでは「Ancient mound tomb」と表記されている
「古代の土を盛った墓」と言えば、確かに外国人にも理解できそうではある



その墳丘も、北西側は道路でいくらか削られてしまっている


北側から見ると、築堤か何かのようにしか見えないというのも何だかなぁ・・・


Sep.11.2008(Thu)21:25 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin


(2/3page)
Top 1 >2< 3 End