厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



金古町第69号と如来古墳群補遺

群馬郡金古町第69号
1ヶ月ほど前の記事で「どれに該当するのか、現時点では不明」と書いた古墳である
近くで農作業中のお年寄りに話を聞いてみたところ、「あれは○○さんちの山」ということで、古墳名が判明した



上毛古墳綜覧では円墳で発掘歴あり。規模は大きさ15尺(約4.5m)、高さ10尺(約3m)
石室がどうのとは書いてないが、墳頂部に生えた木の根が、内部を侵食しているであろうことは想像に難くない・・・



件のお年寄りの話では、やはり昔はそこら中に木の生えた小山(つまり古墳だ)がいっぱいあったが、みんな削られたとのこと
ついでに第68号御嶽山の読みを聞いたら「みたけさん」だった。前方後円墳であったかどうかについて聞いたら、社殿の裏に、以前はこんもりとした小山があったという
やはりいくらか削平・改変されてしまっていたようだ



ついでに第70号と思われる古墳についても聞いたら、ここで情報の食い違いが出てきた
「あれは△△さんの土地?」と聞いたら「いや、□□さんの土地だよ」とのこと
確かにその名前は綜覧の別の古墳にあったが、下の名前に聞き覚えがないらしい
そうなるとこの第70号は、所有者が代わったのだろうかと思ったが、「それはない」と否定された
地番で言えば第70号なのだが、所有者基準だと第63号・第64号、第66号になってしまう・・・



May.12.2008(Mon)21:53 | Trackback(0) | Comment(0) | 高崎市 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)