厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



多胡村第133号・一本杉古墳

その多胡村第122号・123号の南東にあるのが133号
墳丘やその周囲は古い墓や石宮、石堂があり、その多くは江戸時代前半期の年号が刻まれていた



これも122号の墳頂より


南東側には石室が開口している
奥行きはさほど深くなく、玄室部分が残ったものと思われる
石室内には古くから地蔵尊が納められていたようだ



そこから少し北東に行ったところにある一本杉古墳
上毛古墳綜覧多胡村第113号で、横穴式石室を持つが埋没している
ここでも墳丘上に石宮が置かれている



古墳名と違い、杉の木は生えていないのが可笑しい
まぁおいらは花粉症ではないので、どうでもいいのだがw
墳丘の左右端は耕作によって少し削り取られたようだ



May.3.2008(Sat)22:52 | Trackback(0) | Comment(0) | 多野郡吉井町 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)