厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



天良七堂遺跡その3

こちらは南側に位置する5号掘立柱建物跡
ほかの掘立柱建物跡と違い、建て替えのあとは確認できていないが、この先は奥に見える道路にかかっており、ここを掘ってみないことには全体像が掴めないとの話だった
ちなみにブルーシートの部分は、見学用の通路である



5号付近の掘立柱部分の断面
土の色の違いで、どこまで掘ってあったのかが分かる



別の掘立柱跡
こちらには根石が残っていた



その別角度
跡の全体が暗かったため、日中シンクロでフラッシュを焚いてみた



再び1号基壇建物跡に戻ってみる
この新田郡庁跡は敷地の一辺が約90mで、この数字は国内最大規模だという
8月頃の官報告示で正式に国史跡となり、その後は建物の復元や展示を検討するとのことで、とても楽しみだ

なお、この後はここから1kmちょいと北北西に行ったところにある二ッ山古墳などを見学してから帰ったのは内緒w



May.17.2008(Sat)22:49 | Trackback(0) | Comment(0) | 太田市 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)