厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



荒砥村第150号

勢多郡荒砥村第150号
今の前橋市西大室町の中央やや南西寄りに位置する円墳で、今は「荒砥富士山古墳」と呼ばれている
上毛古墳綜覧では大きさ66尺(約20m)とあるが、この数字はずいぶん少ないような・・・



南東側から見る
高さはさほどなく、説明看板によれば3mだということである



南西側より見る
現在、この周辺に残る古墳はあまりないが、かつてはかなりの数が群集していた模様
ここの西側に、不自然な曲がり方をした道があり、調べてみたらかつて何基かの古墳が張り出していたらしい
(現在は宅地化、荒砥村第14号~第17号と思われる)



墳丘南側には石室の天井石が顔を覗かせている
この下に石室が埋もれた状態で完存しているそうだ
綜覧にも「石槨現存」とあり、また大正13年の発掘で直刀二本が出土している



最後に、その案内看板
古墳から少し離れた場所にある



May.14.2008(Wed)21:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)