厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



佐波郡玉村町第33号古墳改訂版その2

西より見る
墳丘南側が石垣ですっぱりと断ち切られているのが分かる



真新しい鳥居と祠
社殿の代わりに祠を建てることを改築と言っていいのかどうは知らない



階段も新設された
かつてはここまで石垣が続いており、その端に階段がひっそりと置かれていたがなかなかに立派なものとなった



墳頂部
祠の向こうには大正5(1916)年の霜害に関する記念碑が建つ
しかし群馬県遺跡台帳では「径10m~15m高さ1.5mの円墳で、お堂がまつられ、可成り平夷がすすむ。」とあり、本来の墳頂部ではないようだ



その西側は庚申塔だらけであった


May.25.2009(Mon)21:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 佐波郡玉村町 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)