厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



東京都三鷹市国立天文台その2

子午儀資料館
レプソルド子午儀による観測を行っていた建物で、大正14(1925)年に建てられた



建物のあちこちに、セセッション式の影響が色濃く残る


この辺りからは、大赤道儀室が見え隠れする


大正15(1926)年の建物で、ロンバルト帯の装飾が付いているのが特徴


ドイツ製で当時国内最大口径を誇った65cm屈折望遠鏡が、中に収まっている


Jun.3.2011(Fri)21:17 | Comment(0) | 東京都 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)