厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



Show by Jun/2/2009

勢多郡荒砥村第336号少将塚古墳その2

藪の奥に眠る墳丘は、比高もさほど高くはなかった


群馬県遺跡台帳では「長さ50m、巾15m
高さ前部、後部とも1.8m位」とあるが、現在はそれよりもかなり規模が小さくなっている



基壇部と思われるあたりは藪の向こうで、確認ができなかった


墳丘の北には鳥居と碑が鎮座している


延澤右近衛少将(綜覧では信澤右近少将とある)とその妻を祀っているようだが、どんな人物なのかは分からない


May.2.2009(Sat)21:24 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin


(1/1page)