厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



Show by Jun/13/2008

荒砥村第301号今井神社古墳

勢多郡荒砥村第301号今井神社古墳
今の前橋市今井町にでっかく鎮座する前方後円墳
上毛古墳綜覧では大きさ300尺(約91m)、高さ50尺(約15m)とあり、これだけの大きさのものは荒砥村南部ではさほどなく、隣接の木瀬村に至っては皆無である



例によって詳しくは(ry


看板に書かれている「組合せ式石棺」がこれ
どうやら凝灰岩でできているようだが、それにしてはあまり風化せずによく残っている
朱が塗られているそうだが、褪色したのか確認できなかった



後円部の基壇部から前方部左側を見る
木立が鬱蒼としてはいるが、墳丘自体はしっかりと視認できる
綜覧には「石槨湟現存、高貴ノ方ノ墳墓ト傳フ」とあり、直刀も1本出土しているらしい
(石槨湟阯現存、の脱字ではないかとも思うが・・・)



前方部より鞍部を見る
奥に見えるのは今井神社の社殿



May.13.2008(Tue)22:04 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin


(1/1page)