厩橋どんぶり塚古墳
 
上毛古墳綜覧(昭和10年群馬県下一斉調査・昭和13年発行)をベースに巡る古墳ブログ    群馬県外の古墳にも浮気しつつ、ゆるゆると更新停滞中
 



Show by Jun/14/2008

静岡にて

今年も静岡ホビーショーに行けないので、2年前のときの自衛隊車輌展示を貼ってみる
ここ最近、毎年ホビーショーには自衛隊の協力で車輌の展示もやっているのだけれど、今年は89式装甲戦闘車が初参加らしい
新町で数回見てるけど、こういう場所でも見てみたいよ・・・
ということで装輪のほうの車輌を貼る



こちらは映画「戦国自衛隊1549」にも同型車がバリバリ出ている
操縦席のキャノピーは、こうしたいわゆる「外」に出るときにだけ使っているらしい



一般の人には「イラクのサマーワに行った自衛隊のクルマ」で通じると思う
いちおうタミヤから模型が出ているけど、イラク派遣仕様ではなく通常の国内仕様もほしいところ
違いは装甲関係がちょっと強化され、所属部隊の表記がないことくらいだけどね



そしてここでも撮る、例のものw
カワサキのも出ないかなぁ



May.14.2008(Wed)22:57 | Trackback(0) | Comment(0) | 自衛さん | Admin

荒砥村第150号

勢多郡荒砥村第150号
今の前橋市西大室町の中央やや南西寄りに位置する円墳で、今は「荒砥富士山古墳」と呼ばれている
上毛古墳綜覧では大きさ66尺(約20m)とあるが、この数字はずいぶん少ないような・・・



南東側から見る
高さはさほどなく、説明看板によれば3mだということである



南西側より見る
現在、この周辺に残る古墳はあまりないが、かつてはかなりの数が群集していた模様
ここの西側に、不自然な曲がり方をした道があり、調べてみたらかつて何基かの古墳が張り出していたらしい
(現在は宅地化、荒砥村第14号~第17号と思われる)



墳丘南側には石室の天井石が顔を覗かせている
この下に石室が埋もれた状態で完存しているそうだ
綜覧にも「石槨現存」とあり、また大正13年の発掘で直刀二本が出土している



最後に、その案内看板
古墳から少し離れた場所にある



May.14.2008(Wed)21:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 前橋市 | Admin


(1/1page)